マタニティの服は、産後も考えて

マタニティから使える授乳服

出産準備に用意するようになった授乳服。さっと肌が見えずに授乳ができる、この「授乳服」は、近年になってようやく知られるようになってきました。

でも、長く使えるようにと、妊娠中から使えるような授乳服があることはまだまだ知られていないのでは?

実は、妊娠中から使える服には、良い点がいくつもあるのです。

妊娠中の方の多くは、お産のことで頭がいっぱい。出産がゴールだと思いがちです。でも、お産は育児の出発点。赤ちゃんを産んだらすぐに、おっぱい生活がスタートします。

妊娠中に購入した服が、そのまま授乳にも使えれば、授乳生活のスタートがスムーズに。退院の際にも、おっぱいの場面はあり得るし、なにより入院のときの服でそのまま退院し、おっぱいをあげることができます。

生まれたばかりの赤ちゃんがいつおっぱいを欲しがっても上げる準備ができていると、気持ちにも余裕ができます。また、周りに遠慮せずたびたび授乳するで、母乳の分泌も良くなります。さらに、妊娠中と産後で、洋服を使い分けずに済むと考えると、経済的にもお得なのでは。

実は、大きく分けて二種類ある。

さて、世の中にある産前産後両用の服には、実は二種類あります。産前に重点を置いた服と、産後に重点を置いた服です。

前者は、マタニティ期間の体型に合ったデザインを優先して服を作り、そこに胸の開き(授乳口)を付けた服。「授乳口付」といった表示をされていることが多いようです。

対して、後者は、授乳しやすさを最優先に考えて、さらに腹部にゆとりを持たせてマタニティ期間も対応できるようにデザインしたもの。こちらは「マタニティから使える」という表現になります。

似ているようでコンセプトが違うこれらの服。違いは分かりづらいのですが、マタニティがベースであれば妊娠中、授乳服がベースであれば産後の授乳の使いやすさが優れているものです。

マタニティから使える授乳服

マタニティから使える授乳服

 「産後も使える」「マタニティも使える」どっちがいいの?

では、どちらを選ぶのか?マタニティウェアを着る期間と授乳する期間、どちらが長いか考えてみてください。答えは、「授乳!」と多くの助産師さんは答えます。

妊娠中、本当にお腹が大きくなる期間は意外と短く、妊娠後期の4~5か月

一方、授乳は? 個人差が大きいのですが、ユニセフとWHOは2歳まで、特に6か月間は母乳だけで育てることを推奨しています。となると、おススメは、産後の授乳に重点を置いた服になります。

とはいえ、マタニティウェアは歴史も長いので、種類が豊富という長所も。

もちろん、メーカーによっても、マタニティのデザインや授乳機能の良し悪しはさまざま。使われている方の評判なども参考に、ぜひ自分に合った服を選んで、楽しい妊娠・育児生活を送りましょう。

 


光畑由佳

光畑由佳

お茶の水女子大学被服学科卒。次女の出産後、電車内での授乳体験を機に、「産後の新しいライフスタイル」を提案するため授乳服の製作を開始。お産・おっぱいをサポートする「モーハウス」を立ち上げる。表参道の路面店・青山ショップなどで「子連れ出勤」を実践中。NPO法人子連れスタイル推進協会、代表。内閣府・女性のチャレンジ賞ほか受賞歴多数。

 


 

ma_shoplink.

関連記事

ピックアップ記事

  1. DSC_000031

    2015-9-29

    ママ記者奮闘記5 子育ては「朝早いのも大変」

    ■子育て世帯の朝 5月末にtwitterを始めました。(アカウントは@yamayumi92です)おそ…
  2. information

    2015-8-21

    「保活」の重要ポイント、教えます

    大都市を中心に、保育園不足が大きな問題になっています。国や自治体も対応を急いでいるものの今日明日に状…
  3. 20150405 桜

    2015-4-6

    ママ、ときどき女医。第2章  子育ては知恵と工夫と「ま、いいか。」

    春らしい日が多くなりました。 桜もちらほら咲きはじめ、木々の芽もふくらんできましたね。 &nbs…

お知らせ

  1. 2015/1/29

    お知らせ
過去の記事
ページ上部へ戻る