ワーキングマザーの味方『イクボス』って?

workingmother

産休・育休を経てこの4月に職場復帰したという方、きっとたくさんいますよね。もうだいぶ慣れましたか? 「慣れるなんてとんでもない。毎日大変です!」という人の方が多いかもしれませんね。

子育てと仕事の両立、大変ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな子供を育てながらだと、いくらやる気があってもどうしたって以前と同じようには働けない。それで上司や同僚に悪いなぁという感情を抱いたり、自分の身動きを制限されるようで物足りなさを感じたり、ワーキングマザーなら多少なりともそんな経験があるのではないでしょうか。

でも、そんなワーキングマザーがもっと気持ちを楽に、楽しく仕事をできるような世の中がやってくるかも、そんな兆しを感じることができるムーブメントがあるのです。それは「『イクボス』を増やそう!」という動きです。

「イクボス」って何?

「イクボス」とは何か? 私の知り合いで「ラスボスみたいで強そう!」と言った人がいますが(笑)、確かに強いかもしれないけど、そんなに怖いものではありません。「イクボス」とは、育児や介護など私生活と仕事の両立を目指す部下の事情に配慮しながら活躍を後押しすることで、組織としての結果も出す上司(ボス)のことです。

部下の私生活にも配慮しつつ、結果を出すのが「イクボス」

 

 

 

 

 

 

 

 

「イクボスプロジェクト」を立ち上げたファザーリング・ジャパンの安藤哲也さんは、イクボスの具体的な例として、保育園の送迎がある部下の退社時間を把握しておいて「そろそろ17時だから、もう帰っていいよ」と声をかけるなど、ワークもライフも大切にしよう、という雰囲気を組織の中に作れる人を挙げています(この人の元で頑張りたい!と思わせるイクボスとは)。また、子育て中の社員が子供の発熱などで突発的に休むことがあるのは避けられないことだから、誰かが休んでも仕事がまわるしくみを作っておくのがイクボスだともおっしゃっています(マイナス1でも業務を回せる上司のチームは強い)。

若者の数が減り、家族の介護を理由に仕事を辞める人が増えていくことも予想される今、政府は女性の活躍を後押しすることで労働力を維持しようとしています。でも、そのためには男性がこれまで以上に家事育児を担うことが必要だし、介護と仕事の両立に悩むのは女性だけではありません。つまり、男性も女性も、家庭か仕事か、どちらかだけに全力投球、というのは難しくなっていくのです。

そんな状況の中で必要とされるのが、部下が抱えるそれぞれの事情を理解しつつ、みんなの力をうまく引き出していくことのできる「イクボス」というわけです。

 

あなたの上司を「イクボス」に

ここまでの話を読んで、「うちの上司は『イクボス』とはほど遠い。私の状況は変らないわ…」と感じた方もきっとたくさんいるでしょう。

昨年12月、イクボスを増やしていこうという企業による「イクボス企業同盟」が発足しました。日本生命保険や資生堂など、大手企業も多数参加しているので、他の企業への影響力も期待できそうです。とは言え、会社の文化や上司の考え方ってそうそうすぐには変らないですよね。

だからといって何もしないのはもったいない。この「イクボス」という考え方を知ったあなたにぜひおすすめしたいのは、「上司を『イクボス』に育てる」ということです。

ワーキングマザーの毎日がどんなものか、それは実際に体験してみないと分かりません。例えば、夕方子供を保育園に迎えに行き、ご飯を食べさせお風呂に入れて寝かしつける夜までは、子供のことに手一杯でとても仕事のことを考える余裕はない! そういうことは、私も実際にやってみて初めて分かりました。

baby (1)

夕方から子供が寝るまでの時間は子供のことで手一杯!

 

 

 

 

 

 

子供の世話にてんてこ舞いのエピソードは、ママ友同士なら盛り上がれますが、会社ではなかなか話す機会がないでしょう。ということは、同じように子育てしながら仕事もした経験があるのでない限り、会社の上司や同僚には、あなたがどんな毎日を送っているのか分かりません。分からないものは配慮のしようがない。「上司を『イクボス』に育てる」ための第一歩は、子育て中の毎日の様子を知ってもらうことです。

仕事の場にプライベートを持ち込んではいけない、そう考える人も多いと思いますが、イクボス的なマネジメントには、プライベートも含めて部下の状況を把握することが不可欠です。自分の話ばかりする「ジコチュー」な人にならないよう注意は必要ですが、子育て中社員の状況を周囲に知ってもらうことは、あなただけでなく他のワーキングマザー・ファザーのためにもなります。「子供がいるとこんなことが起きるんですよ〜」といったノリで自分の日常をオープンにして、同僚や上司の子育て知識を高めていきましょう

その上で、「夕方から夜の間は対応ができないけれど、早めに知っておくべきことはメールで送っておいてもらえれば、出勤前の朝には確認できます」とか、ワーキングマザーならではの仕事の工夫を考えて上司に伝えていけば、上司の「イクボス」度もちょっとずつ上がっていくでしょう。「イクボスを増やすのは私たち」そう考えて、みんなで働きやすい環境を作っていきませんか?

 

 


やつづかえりやつづかえり

コクヨ株式会社および株式会社ベネッセコーポレーションを経て、2010年に独立。企業に対する教育系Webサービスやアプリの企画・開発支援を行うと同時に、組織人の新しい働き方、暮らし方を紹介するウェブマガジン『My Desk and Team』を運営中。様々な組織人にインタビューをし、多様な働き方、暮らし方と、それを実現するためのノウハウを紹介している。2013年に第一子を出産。

関連記事

ピックアップ記事

  1. DSC_000031

    2015-9-29

    ママ記者奮闘記5 子育ては「朝早いのも大変」

    ■子育て世帯の朝 5月末にtwitterを始めました。(アカウントは@yamayumi92です)お…
  2. information

    2015-8-21

    「保活」の重要ポイント、教えます

    大都市を中心に、保育園不足が大きな問題になっています。国や自治体も対応を急いでいるものの今日明日に状…
  3. 20150405 桜

    2015-4-6

    ママ、ときどき女医。第2章  子育ては知恵と工夫と「ま、いいか。」

    春らしい日が多くなりました。 桜もちらほら咲きはじめ、木々の芽もふくらんできましたね。 …

お知らせ

  1. 2015/1/29

    お知らせ
過去の記事
ページ上部へ戻る