たくさんある仕事復帰の選択肢。あなたのスタイルを考えてみよう

モーハウス子連れ出勤

私が運営しているWebサイト「My Desk and Team」は、組織に属しながら様々な新しい働き方をされている方へのインタビューを掲載しています。

このサイトには、「子連れ 仕事」や「子供 一緒 仕事」のようなキーワードで検索して来られる方がとても多いようです。

子連れで仕事ができる会社として、モーハウスさんの事例を紹介しているからなのですが、一般的には「子連れ出勤」というのはまだまだとっても珍しい働き方ですよね。

でも検索数の多さからは、その働き方に注目している人、子育てと仕事を自分の納得する方法で両立させたいと望む人がきっとたくさんいるんだなぁ、と感じさせられます。

モーハウス子連れ出勤

取材したモーハウスさんのオフィスでは、小さな子供が一緒にいる風景が日常です。

そこで今回は、出産や育児のためにいったん仕事を離れた女性が、再び仕事を始める方法について考えてみたいと思います。

 

出産前の働き方のイメージにとらわれないこと

出産前にバリバリ一生懸命働いていた人ほど、「子育てしながらあんなには働けない」、「子育て中の私を会社が必要としてくれるだろうか?」などと考え、仕事再開に困難さを感じているかもしれません。

出産前にいたような職場で出産前のように働く、それもひとつの選択肢ではありますが、世の中にはいろいろな職場があり、働くスタイルがあります。

子どもがいなかった時と今とでは、生活はガラッと変わっているはずなので、今のあなたにとってどんな職場でどんな働き方をするのが良いのか、これまで経験してきた働き方のイメージにとらわれずに考えてみましょう。

 

「なぜ働くのか」で、求める条件も変わる

就職先を探して求人情報などを見るとき、一般的には仕事の内容、雇用形態(正社員かどうかなど)、給与や福利厚生、勤務地、勤務時間や休日などの様々な条件を見比べ、自分の希望にあった仕事を探すでしょう。

でも、なかなかすべてが希望どおりというものは見つからないもの。実際に選ぶときには条件に優先順位を付けることになります。

例えば、「仕事の内容はあまり面白いとは思えないけれど、福利厚生が手厚くて休みも取りやすそうだからよしとする」とか、「愛着のあるブランドを扱っている会社だから、給料は安いけどぜひ働きたい」とか…。

子育てしながら仕事を始めるとき、条件としては

  • 収入
  • 仕事や通勤に費やす時間
  • 仕事の内容・将来性

がポイントになるのでは、と私は考えています。

また、上の条件を考える上で、まずは「なぜ働くのか」を明確にすることが必要になります。

think

「自分はなぜ働きたいのか」考えてみましょう。

例えば、「なぜ働くのかって? 私が家計を支えなければいけないからです!」という場合は、まずは「収入」という条件が優先順位の上位になるでしょう

仕事中子供を預けられる先や時間などによって、「時間」も重要な条件になります。「仕事の内容」という条件は、相対的に優先順位が下がるでしょう。

一方、「金銭的には夫の収入だけで十分。でも、自分も社会に出たい」とか、「今は困っていないけれど、子供の学費や自分たちの老後を考えると、自分も働かなきゃ」といった場合、今すぐに得られる収入よりも、職場の働きやすさや、将来のキャリアにつながるかどうかということを優先的に考えてみることをおすすめします。

 

長い目で選ぶ復職スタイル

「稼いだお金が保育代に消えてしまう…。子供を預けてまで働く必要があるのか…」という悩みを持つお母さんは多いようです。そういう場合、今この瞬間を考えると「働かないほうが余計な出費もないし子供とも一緒にいてあげられる」という結論になります。

でも、「いつかは」という気持ちがあるならなるべく早く働き始めたほうが良いと私は思います。

仕事を離れている期間が長いほど、再開はしづらくなるものです。そうすると、子供が小さいときから復職した方が、子供が中学生や高校生になったときに充実感のある働き方ができている可能性が高いのです。

future

将来のこともイメージして、復職を考えてみましょう。

就職先を探しているけれど、なかなか見つからない、採用されない、という場合は、週何日かのアルバイトやインターネットを使って自宅でできる仕事など、とりあえずすぐにできて、将来やっていきたい仕事につながっているようなことを始めてみても良いでしょう。

そうすると、その経験を元に就職したり、新たな仕事の仕方が見つかるということもあるのです。

また、なんだか気になってしょうがない、すごく好き、というものが見つかれば、ボランティアでもその世界に飛び込んでみるというのもひとつの方法です。

実際に私が取材した方の中にも、自分が受けたサービスにとても魅力を感じ、運営しているNPOをボランティアで手伝っているうちに、職員として働く機会を得たという方がいます。(参考:NPOでセカンドキャリアを歩むという選択(前編) マドレボニータ 北澤ちさとさん

特にNPOは外部の人たちの手も借りながら運営されているところが多く、「ぜひ手伝いたい」と言えば喜んで関わらせてくれるところが比較的多いです。

必ずしもそのNPOにそのまま就職という結果にはならないかもしれませんが、ボランティアでもきちんと貢献できれば、そこで得た人脈や経験が次の仕事につながっていく可能性は大いにあります。

 

参考書籍のご紹介

最後に、今回のテーマにぴったりの本をご紹介します。

ママの仕事復帰のために パパも会社も知っておきたい46のアイディア』です。

今後働きたいというママに向けて、「働きたい、でも子育てと両立できるかな?」と迷う気持ちを整理して働くイメージを具体的にするところから、ママ友との付き合い方や夫の協力を得る方法、仕事探しの方法や子どもを預ける先の選択肢など、丁寧に解説されています。

ぜひ、この本に載っている色々なケースも参考に、沢山の選択肢の中から自分なりの働き方を考えてみていただければと思います。

 

やつづかえりやつづかえり

コクヨ株式会社および株式会社ベネッセコーポレーションを経て、2010年に独立。企業に対する教育系Webサービスやアプリの企画・開発支援を行うと同時に、組織人の新しい働き方、暮らし方を紹介するウェブマガジン『My Desk and Team』を運営中。様々な組織人にインタビューをし、多様な働き方、暮らし方と、それを実現するためのノウハウを紹介している。2013年に第一子を出産。

関連記事

ピックアップ記事

  1. DSC_000031

    2015-9-29

    ママ記者奮闘記5 子育ては「朝早いのも大変」

    ■子育て世帯の朝 5月末にtwitterを始めました。(アカウントは@yamayumi92です)お…
  2. information

    2015-8-21

    「保活」の重要ポイント、教えます

    大都市を中心に、保育園不足が大きな問題になっています。国や自治体も対応を急いでいるものの今日明日に状…
  3. 20150405 桜

    2015-4-6

    ママ、ときどき女医。第2章  子育ては知恵と工夫と「ま、いいか。」

    春らしい日が多くなりました。 桜もちらほら咲きはじめ、木々の芽もふくらんできましたね。 …

お知らせ

  1. 2015/1/29

    お知らせ
過去の記事
ページ上部へ戻る