育休中、バージョンアップした自分を発見しよう

赤ちゃん

私は、現在1歳の子どもを育てながら働くワーキングマザーです。

社会人としては相当年季が入っているのですが、妊娠・出産・子育てはこれが初めての経験ですから、毎日が驚きや発見の連続。大変だけれども充実した日々を送っています。

今日は、そんな日々を少し振り返って、育休中の経験が仕事力に与える影響について書いてみたいと思います。
私は昨年の4月に子どもを保育園に入園させ、本格的に仕事を再開しました。

それ以前の、「育休」にあたる数ヶ月間、私が四六時中赤ちゃんと一緒の日々を過ごしながらたびたび思っていたことは、「育児を経験すると仕事力がアップするって本当かも!」ということでした。
アベノミクスで女性の活躍推進が掲げられていることもあり、最近「ワーキングマザーは優秀だ」「出産・育児を経験した女性は成長して職場に戻ってくる」といった意見がよく聞かれます。

確かに、生命を生み出し育てるという経験は、女性をひとまわりもふたまわりも成長させるでしょう。

でも、「彼女は成長したなぁ」と上司が感じるほどに、仕事に直結する能力が上がるということが本当にあるんだろうか? 以前の私はそんな疑問を抱いていました。

それが赤ちゃんとの日々を通じて、「あぁ、こういうことか!」と感じられるようになったのです。

赤ちゃん

四六時中赤ちゃんと一緒の日々を過ごしながらたびたび思っていたことは、「育児を経験すると仕事力がアップするって本当かも!」ということでした。

 

育休中に鍛えられる2つの力

私が思うに、多くのお母さんが否が応でも鍛えられ、仕事にも役立つ、という力は2つあります。

1.状況を判断して優先順位を付ける力

赤ちゃんの世話をしていると、行動の自由がとても制限されます。

とにかく放っておくとすぐ泣く赤ちゃん。そのたびに授乳したり、おむつを変えたり、抱っこであやしたり…。やっと寝たと思ったら30分もしないうちに目を覚ましてまた泣き出し、授乳したり、おむつを変えたり…、のループ。

赤ちゃんから離れて何かをするというまとまった時間がなかなか取れません。

もちろん、常に泣かないように相手をしなければいけないわけではなく、どうしてもやらなければいけないことがあれば、ちょっと泣かせておいて用事をすませるということもあります。

要は優先順位付けの問題なんです。

キッチンのシンクには洗っていないお皿があって、そろそろ洗濯物も取り込みたいし、なんだかトイレにも行きたくなってきた。そして赤ちゃんは泣いて何かを要求している。さあ、何から片付ける!?みたいな…。
私は以前から、仕事やプライベートでの様々な「やるべきこと」をスマートフォンのアプリに登録しています。

そして、それらを遅れや漏れがなくこなしていくために、毎朝その日にやるべきタスクを選び、実行する順番を決めるようにしていたのですが、赤ちゃんを世話しながらだと、朝決めた順番どおりにタスクをこなしていくなんてできません。赤ちゃんの機嫌の良い時間や寝ている時間は日々変化し、予測がしづらいものです。

そして、ふと手が空いたときに何をすべきかは、その時間帯や手が空いている時間がどのくらい持続しそうかによって変わってくるからです。

また、以前はその日のタスクが予定の時間までに終わらなくても、夜や週末に持ち越して片付けることができたのですが、赤ちゃんがいると絶対的に時間が足りないし、母親も産後の疲れや寝不足から無理はできず、やりたいことの全てはできません。

どちらかというと、本当にやらなければいけないことだけを見極めてやるという感じになります。

だから赤ちゃんの状況を見極めつつ、「もうすぐ寝そう。そしたら何ができるかな?」「機嫌が良い今のうちに、何しよう?」と、頭のなかでタスクリストの優先順位の入れ替えをして次に何をするか考える、ということを四六時中繰り返すことになります。

これは仕事を効率的に進める上でも、とても役立つトレーニングになっていると思います。

multitask2

赤ちゃんの状況を見極めつつ、頭のなかでタスクリストの優先順位の入れ替えをして次に何をするか考える、ということを四六時中繰り返すことは、仕事を効率的に進める上でも、とても役立つトレーニング。

 

2.変化対応力

仕事を上手く進めるコツのひとつに、上手くいく方法(=成功パターン)を見つけ、無駄な試行錯誤や失敗を減らしていくということがあります。でも、成功パターンに頼りすぎてしまうと、状況が変わってそのパターンが通用しなくなった時に対応できなくなってしまいます。

赤ちゃんの世話をしていると、「成功パターン見つけた!」と思うことがしばしばあります。例えば「この歌を歌うとすぐ寝てくれるみたい!」「抱っこで寝た時は、10分くらいそのままでいてから布団に下ろすと起きないみたい!」などなど…。

でも、この「成功パターン」は長く続かないことが多いです。例えば我が子の場合、夕方に少し長めに眠ることが続いた時期がありました。でも、その時間を当てにして何か用事を済ませるつもりでいたら、その日以降はあまり寝なくなったり…。

そういう経験を繰り返しているうちに、赤ちゃんの生活リズムや反応が予想通りでなくてもうろたえたりせず、「それならこの手はどうだろう?」と次々に試してみようという気持ちになることができるようになりました。

常に状況は変わる可能性があるもの」、そういう気持ちを持てるようになることは、仕事上のリスク対応力や打たれ強さにつながるでしょう。

自分の変化を見つめてみよう

以上2つは、きっと多くの育休中お母さんに共通して身につく力ではないかと思います。

私自身はこの他に、「ママの目線」「忍耐強さや気持ちの切り替え力」「公共心や弱者への気遣い」といったことが妊娠や育児の経験を通して身につき、仕事にも役立っていると感じます。

毎日の育児にてんてこ舞いで、仕事に復帰しても果たしてうまく両立できるの?と不安になっているお母さん、赤ちゃんと過ごすようになってからの自分の変化を見つめてみましょう。

その変化を自分の「バージョンアップ」と捉えると、きっと仕事も頑張れる、と勇気が湧いてくるかもしれませんよ。

 

やつづかえりやつづかえり

コクヨ株式会社および株式会社ベネッセコーポレーションを経て、2010年に独立。企業に対する教育系Webサービスやアプリの企画・開発支援を行うと同時に、組織人の新しい働き方、暮らし方を紹介するウェブマガジン『My Desk and Team』を運営中。様々な組織人にインタビューをし、多様な働き方、暮らし方と、それを実現するためのノウハウを紹介している。2013年に第一子を出産。.

関連記事

ピックアップ記事

  1. DSC_000031

    2015-9-29

    ママ記者奮闘記5 子育ては「朝早いのも大変」

    ■子育て世帯の朝 5月末にtwitterを始めました。(アカウントは@yamayumi92です)お…
  2. information

    2015-8-21

    「保活」の重要ポイント、教えます

    大都市を中心に、保育園不足が大きな問題になっています。国や自治体も対応を急いでいるものの今日明日に状…
  3. 20150405 桜

    2015-4-6

    ママ、ときどき女医。第2章  子育ては知恵と工夫と「ま、いいか。」

    春らしい日が多くなりました。 桜もちらほら咲きはじめ、木々の芽もふくらんできましたね。 …

お知らせ

  1. 2015/1/29

    お知らせ
過去の記事
ページ上部へ戻る